令和2年 年頭あいさつ 本文へジャンプ
リトルリーグ信越連盟理事長
 関谷明生


新年あけましておめでとうございます。
新しい年を迎え、各リーグの皆様には健やかで希望に満ちた新年を迎えられ活躍に胸を膨らませていることと思います。今年は十二支が一巡して初めに戻る子(ね)年です。物事の始まりや新たな命の兆し、繁栄などの意味があり「ねずみ=寝ず身」とされ真面目にコツコツと働く人が多いとのことです。連盟もこのいわれにあやかり活動してまいりたいと思います。本年も7月23日(木)〜26日(日)の4日間JA共済杯第54回全日本リトルリーグ野球選手権大会が上田市で開催されます。信越連盟主管5年目で最終年度にあたり集大成にしたいと思います。
7月24日は東京オリンピックの開会式と重なるなど歴史的な繋がりを感じます。出場代表枠が2020年度まで信越連盟に2枠あります。この大会はリトルリーグ日本一を決め、優勝リーグは米国で行われる世界選手権大会に出場できる国内最高峰の大会です。2リーグが信越連盟から出場できること大変嬉しく、全国の強豪リーグとの対戦に日頃鍛えた力を十分に発揮して欲しいと願っています。
連盟としても総力を挙げて思い出に残る素晴らしい大会になるよう万全を期してまいります。
関係者の皆様のご支援ご協力をお願い申し上げ新年のあいさつとします。

                       リトルリーグ信越連盟
                            理事長 関谷明生

 HOMEへ戻る